FC2ブログ
「ハルトラ feat. ASANA」のライブを聴きに行ってきました。

‘ハルトラ’さんは、ヴォーカルのharukaさんとギターのYa'mangeloさんのユニットで、
2009年に カーペンターズのカバーでメジャーデビューされたそうですが、
ジャズ、ボサノバもこなせて、
お洒落な曲を お洒落に演奏しておられて、とっても気持ちが良かったです。

20人で満員のような小さなライブハウスだからこそ、
ミュージシャンとの距離が近くて、親しみが湧きました。

harukaさんの柔らかくて安定した心地よい歌声と、飾らない気さくなトークに、
どんどん惹きこまれました。

そして、Ya'mangeloさんのギターに圧倒されました。
アコースティック・ギター1本で、こんなに豊かな伴奏ができるとは。
サブ・メロディーも、リズム・コードも、ベース・ラインも、全部同時にお一人で!
左手の4本の指だけで弦を押さえ、右手の5本の指だけで爪弾いて、
どうして、3人分ぐらいのバッキングができるのでしょう?
ただただ感心して、目を見張っていました。

どの曲も楽譜は見ていなくて、暗譜というよりも、即興的な自由な演奏なのでしょう。
華やかな立ち姿のヴォーカルさんの後ろで、
地味に丸椅子に座って カッコイイことを涼しい表情で着々とやってのけている、
こういう職人さんみたいなアーティスト、大好きです。
縁の下の力持ちのような。
私もそういう伴奏者になりたいなと、憧れます。

その日のもう一組の出演者ASANAさんとそのお母様は、私の大切なお友だちです。
小さい頃からずっと歌が大好きで、10代の頃からライブで活躍していたASANAさん。
この6年間のお休みは、インプットの季節だったんですね。
宝物をたくさんたくさん心に蓄えて、
きょう、6年ぶりのアウトプット。
さらに大人になった歌声が聴けて、本当にうれしかったです。

お母様のピアノ伴奏にあわせて歌えたことも、本当に良かったですね。
母娘で共演できるって、すばらしいことですね。
この日のライブのために8曲、
お二人で、何度も何度も、何時間もかけて練習してこられたことでしょう。
それはとっても素敵な時間だったことでしょうね。

特に、「愛は勝つ」、感動しました。

  ♪心配ないからね
   君の想いが誰かに届く
   明日がきっとある~ 

                      (作詞作曲 : KAN)

希望のメッセージを、ありがとう!


スポンサーサイト



Secret