FC2ブログ
Lさん(小2)のレッスンで、『やっぱりピアノがすき』という教本を使っているのですが、
きょうは、いよいよ、その最終ページの曲になりました。
「ゆかいな牧場」という題名です。

♪一郎さんの牧場で イーアイ イーアイ オー

初見で ♪ドドドソララソ ミミレレド~ と弾き始めた途端、
「『すいかの名産地』とおんなじ!?」と、Lさんが うれしそうに言いました。
「え? そんなはずないよ。 2回も同じ曲、出てこないでしょう」と私。

「すいかの名産地」というのは、数週間前(同じ教本の数ページ前)に経験した曲で、
題名も歌詞もなんだかヘンテコでした。
2人で歌いながら、大笑いした記憶があります。

♪ともだちができた すいかの名産地
 なかよしこよし すいかの名産地

というような歌詞です。
♪ドラソラドラソ ミミレレド~
誰もが聞き覚えのある 陽気なアメリカ民謡に、なんでこの歌詞が?と不思議に思うんだけど、
‘すいかの名産地’という言葉のリズムがぴったりで、そのナンセンスな感じがまた楽しかったりして。

「ゆかいな牧場」と「すいかの名産地」。
どちらも、アメリカ民謡に日本語の歌詞を付けたものです。
たしかに、メロディーが似ています。
でも、違うところもあります。
「だから、似ているだけで、別な曲ね。
 アメリカ民謡って、こういう感じの曲が多いのよね」と私は説明しました。

でも、ちょっと気になって、今、ネットで調べてみると…。
なんと、ルーツは同じだということが分かりました!
いずれも、“Old Macdonald had a farm”というアメリカ民謡が原曲なのだそうです。
民謡って、歌い継がれるうちに、メロディーが少しずつ変化してくる場合もあるのですね。

Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O
And on his farm he had some chicks, E-I-E-I-O
With a “chick-chick” here and a “chick-chick” there
Here a “chick” there a “chick”
Everywhere a “chick-chick”
Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O

もっと驚いたのは、この同じメロディーで、「大阪うまいもんの歌」というのが、
大阪の幼稚園や保育園で流行っているのだそうです。
♪大阪には うまいもんが いっぱいあるんやで~
という歌詞から始まって、たこ焼きとか豚まんとか出てくるんだそうです。

そうだったんですか…。
来週、Lさんに謝らなくっちゃ。私の間違った思い込み。
そして、今度は3種類の歌詞で、いっしょに歌ってみたいと思います。
歌が大好きなLさん、いつも元気いっぱいに歌ってくれるので、楽しみです。
もちろん、ピアノも楽しく♪


スポンサーサイト



Secret