FC2ブログ
2012.04.21 蛍の光
教会の友人の 敬愛する Zさんから、「蛍の光」の伴奏を録音してほしいと頼まれました。
来月、女学校の同窓会があり、
そこで、60数年ぶりに、もう一度 卒業式の気分で、皆さんとご一緒に歌いたいので、とのことでした。

「喜んで、弾かせていただきます」と即答し、
ピアノで弾こうかしら? シンセでストリングスの音色もいいかも?
クワイヤー(聖歌隊)の音色はいかが?
ノスタルジックに? 映画音楽風に? 唱歌風に?
…などと、心の中で あれこれ 思いめぐらしました。

それから数日が過ぎました。
一つの音楽のことを、こんなふうに しばらくの間 思いめぐらすのは、とても楽しいことです。
方針が決まって、実際に 楽器に向かって 心をこめて演奏するのも、
マイクやコードをつないで録音したり編集したりするのも、
その過程のひとつひとつが大好きな作業です。

   蛍の光 窓の雪
   書読む月日 重ねつつ
   いつしか年も すぎの戸を
   開けてぞ今朝は 別れゆく

   とまるも行くも 限りとて
   互みに思う 千万の
   心のはしを ひとことに
   幸くとばかり 歌うなり         (作詞者不詳)

故郷にとどまる友も、故郷を出る友も、今日でお別れ。
その時、何千何万の想いをこめて告げる「幸く」という短い一言は
聖書に出てくる「シャローム」と似ていると思いました。

神様の平安が豊かにありますように。
どうぞ、ご無事で。
幸 多かれ。

歌詞を味わっているうちに思いつきました。
足踏み式リードオルガンの音色で弾こうと思います。
今から、録音♪


スポンサーサイト



Secret