FC2ブログ
毎週水曜日の夜は、教会の祈祷会に出席するのが習慣になっています。
共に聖書を開き、自由に語り合い、学び合い、祈り合う、家族的な温かい集まりです。

今夜の箇所は、ルカの福音書19章28~40節でした。
イエスさまが子ロバに乗ってエルサレムに入城するシーンです。

‘こどもさんびか’の「ロバの子」を思い出しました。

  私たちは ロバの子です
  馬のように速く走れない
  ライオンのような力なんかない
  ただのちっぽけなロバの子です
  
  だけど あなた 知っていますか
  ロバが主のお役にたったこと
  イエスさまを背中にお乗せして
  エルサレムにお連れしたことを
  
  走れなくても 強くなくても
  いつもイエスさまがいてくださる
  私たちはロバの子です
  神様のために 神様のために 働きます

「主がお入り用なのです。」(ルカ19:31)という うれしい御言葉に支えられて、
ロバの子のように、従順に、イエスさまと共に歩みたいと思いました。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kembanya.blog.fc2.com/tb.php/5-f091774b