FC2ブログ
2012.02.20 笑顔同封♪
昨日・今日、2つのコンサートに出演しました。

昨日は、
礼拝後 急いで駆けつけた栂文化会館での「第5回 フェスティバル in 栂」。
女声合唱団コールブリージンの演奏で、「PRIDE」「明日へのマーチ」「時代」の3曲。
しあわせ・勇気・励ましのメッセージソング。
合唱編曲と指揮は文屋知明先生。
私はピアノ伴奏です。
もともと伴奏譜は無くて、その日の気分で自由にアドリブ。

指揮者も合唱者も伴奏者も、みんな ずっと ニコニコ顔でした。
たぶん、客席も。(700人の笑顔)

今日は、
堺市東区野田の老人介護支援センター‘ハーモニー’での福祉行事「ふれあい食事会」。
‘もんたった’の3人組(ソプラノ・バリトン・ピアノ他)で、10曲、ゲスト演奏です。
聴衆は、シニアの方々、ボランティアの方々、合わせて50人ほど。

アンジェラ・アキ風「津軽海峡冬景色」は、自作カラオケに乗せて、ピアニカで吹きました。
泣きのビブラートも、ちょこちょこ入れてみました。

あの歌、この歌、一緒に口ずさんでくださってるのが聞こえて、うれしかったです。

2つのコンサートの最中に思ったこと。
音楽に乗せてメッセージをしっかり伝えたい、自分にできる精一杯の演奏をしたい、
だけど、気負いすぎずに、自然体で、リラックスして、
演奏者と聴衆が一緒になって音楽をたのしめるような雰囲気にしたいな。
もしかすると、そのカギは、‘笑顔’なんじゃないかな、と。

演奏者が、「この曲、だいすき♪」の気持ちいっぱいで、うきうき・わくわく顔で演奏していたら、
きっと、そのシアワセ、会場いっぱいに伝染しますよね。

グレープ時代のさだまさしさんの「笑顔同封」、思い出しました。
懐かしくて、ほろり。


    あなたからバースディカードのお返しにと届いた手紙
    ありがとうを三回だけのとても短い手紙

    何度もくり返し読み返しながら あなたの懐しい文字 指でたどる
    封を切ったなら こぼれる日射し
    あなたは相変らず 手紙にまで 笑顔同封

    あの頃とくらべたなら あなたはすっかり大人の香り
    恋のひとつやふたつくらい 過ごして来たのでしょう

    もう一度初めからやりなおせそうな優しさが あなたの文字に残ってる
    振り返ったなら こぼれる日射し
    あなたは相変らず 手紙にまで 笑顔同封


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kembanya.blog.fc2.com/tb.php/3-9b58d0c0