FC2ブログ
きょうの「おもしろクラシック講座」のメイン鑑賞曲は、
フォーレの「レクイエム」でした。
阪神淡路大震災18年目のきょう、
この音楽を皆さんと共に味わうことができて良かったです。
前から好きな曲でしたが、
きょうは、特に、心に沁みました。

鍵盤屋コーナーでは、
「パヴァーヌ特集」を組んでみました。
① ラヴェル作曲 「マメール・ロワ」より‘眠れる森の美女のパヴァーヌ’/ ピアノ連弾版
② ラヴェル作曲 「マメール・ロワ」より‘眠れる森の美女のパヴァーヌ’/ コーラス版
③ ラヴェル作曲 「亡き王女のためのパヴァーヌ」/ ピアノ版
④ ラヴェル作曲 「亡き王女のためのパヴァーヌ」/ オーケストラ版
⑤ フォーレ作曲 「パヴァーヌ」/ オーケストラとコーラス版

いずれも大好きな曲です。
「ね! ね! いいでしょう!」と推薦する気持ちで選曲し、いちばん後ろの席で聴いていました。
かすかに揺れたり 傾いていったりする 皆さんの後ろ姿を眺めながら、
「ふむふむ、いい曲ですね」と思ってくれてるんだろうな、と うれしい想像をしていました。

「パヴァーヌ(仏: pavane)は、16世紀のヨーロッパに普及した行列舞踏で、
 そのステップは、現代においては、
 時おり結婚式場での‘ためらいの足取り hesitation step ’に見ることができる」
と事典に書かれていました。

どの曲も、控え目で清楚な雰囲気の中に 熱いものが秘められているように感じました。
まるで 新婦のためらいの足取りのように。

私の告別式のBGMは、こういうのがいいなと思っています。


スポンサーサイト



Secret