FC2ブログ
きょうの礼拝で、Lさん Mさん Nさんが、女声3重唱をしてくださいました。
「だれもわからない」という題名の ゴスペルソングです。
私は編曲と伴奏。
節ごとに、代わる代わる ソロになったり、サブになったり、コーラスになったり。
キャンディーズのようでした。
お一人お一人の信仰の思いがこめられた、素晴らしい賛美でした。

牧師先生からは、「ただ神のみわざが現れるために」と題して
ヨハネ9:1-5 から、説教をお聴きしました。

天災などの原因は、誰にもわかりません。
けれど、はっきりしているのは、被災者に自己責任はないし、
神様が天災を起こすわけではないということです。
さまざまな苦難も同様です。

何かの罰とか、先祖のたたりとか、前世の因縁とか、方角が悪いとか、名前が悪いとか、
そんな俗信的な原因追求ではなく、
今 苦しんでいる人の上に、神のみわざが現れること、すなわち神の愛が注がれ、
神の光の中で、その人が希望をもって 新たに歩めるようになることが大切だと教えられました。


   Nobody knows the trouble I've seen
   Nobody knows but Jesus
   Nobody knows the trouble I've seen
   Glory Hallelujah

   Sometimes I'm up
   Sometimes I'm down
   Oh yes, Lord
   Sometimes I'm almost to the ground
   Oh yes, Lord

   Nobody knows the trouble I've seen
   Nobody knows but Jesus
   Nobody knows the trouble I've seen
   Glory Hallelujah

                       Negro Spiritual ‘Nobody knows’


   だれもわからない わたしの悩み
   わかってくださる すくいぬしイエス

      ※だれもわからない わたしの悩み
       わかってくださるのは わたしの主イエス

   人に誤解され 胸いたむとき
   主のめぐみの座に いま行きなさい

      ※リフレイン

   まわりの人たち 反対しても
   がっかりしないで イエスを見上げよう

      ※リフレイン

   ゆく道に迷い つまずくときも
   ゆるしてくださる やさしい主イエス

      ※リフレイン

                     「だれもわからない」 ( 『友よ歌おう』 より )


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kembanya.blog.fc2.com/tb.php/23-9cbabb90