FC2ブログ
先月、発表会が近づくにつれ、
私の声は、次第に嗄れ気味になってきました。
毎日毎日、レッスン中、どの生徒さんのことも、励まして励まして、
声援を送り続けたからです。

「そうそう! その調子!」
「そこは、優しく優しく、撫でるように弾くんだったよね!」
「そうそう、そこは、激しく訴えるように弾くのよね!」
「そこは、もっと繊細に! デリケートに!」
「そこんとこ、リタルダンドだよね!
 だんだんだんだん、おそ~く、おそ~~く!」
「はいはい、そこは、生き生きと歌わせるんだよね!
 ララララ~ ララララ~!」
「最後の音、しっかり味わって、しっかり伸ばそうね!
 ジャ~~~ン!!」

というようなことを、演奏者の横で叫び続けていたのでした。
ピアノの音は大きいので、
その演奏を止めずに、重なるように助言し続けようとすると、
かなりの声量が必要なのでした。

…で、発表会の2週間ほど前、
ふと思い立って、100円ショップで、赤いメガホンを買いました。
グッドアイデア!
便利なの なんのって。

「は~い。いい感じですねえ。その調子~」
「いいね いいね。とってもいいね~」
「そこは、やさし~く やさし~く 弾くんだったよね~」
「そこは、思い切って強く激しく、情熱的に弾くんだったよね~」

何もかも、小声でささやくように話しても大丈夫。
ちゃんと通じました。
ああだこうだ言いながら、一緒に音楽を作っていく喜び。
どの人とも その幸せを共感できました。穏やかに語らいながら。

発表会が終わって、今月、どの人も新しい曲のレッスンが始まりました。
しばらくメガホンの出番は無いかも知れないけれど、
椅子の横に吊るしていたら、懐かしそうにナデナデする人がいっぱい。

また 曲が仕上がってきたら、使いましょう。

スポンサーサイト



Secret