FC2ブログ
2012.10.25 マンボ講習会
トリスさんから「マンボ講習会するから、ピアニカ吹きに来て」と誘われて、
赤坂台地域会館に行きました。

ポロロン講座(ギター・サークル)の有志がマンボのステップの講習会。
トリスさんはギター。私はピアニカ。伴奏はシンセの打ち込み。
曲目は「テキーラ」です。
(本当は「パパはマンボがお好き」をしたかったのですが、練習が間に合わなくて、
 きょうは、とりあえず、「テキーラ」です)

トリスさんから、「速いのはダンスが大変だろうから、遅いめでよろしく」と
前もって言われていたので、
まず、「130」のノンビリ・テンポで演奏してみました。
ポロロンの皆さんは、ただ、じっと聴いていてくださいました。

演奏が終わった途端、木本頼子さんが、
「いい曲ね。でも、遅いわ。
 マンボは、もっと速いのよ。
 もっと速くならないかしら」

「あ、速くていいんですか?
 それなら、こちらもノリやすいです。
 よかったよかった。160でいかが?」
と、シンセ伴奏も 生ギターも 生ピアニカも、急に160に。

「いいわいいわ、それがいいわ!」
と言いながら前後にステップを踏んだり、ターンしたり、
木本さん、いつのまにダンスシューズに履き替えてこられたんですか。

洋裁教室主宰の木本さんが、マンボもお上手とは、驚きました。
軽やかな身のこなし。
音楽にぴったりあって、絵になってました。

ポロロンの有志さんたちも、ハァハァ言いながら頑張ってくれました。
いい汗かいたね、って感じで、肩で息をしながらも 一同ニコニコ。

本番は、11/8(木)「わが青春の弾き語りコンサート」です。


スポンサーサイト



Secret