FC2ブログ
きょうは、「木本アートドレスメーキングルーム」のファッションショーでした。
毎年10月に開催されていて、今年は第7回。

優しくて、あったかくて、太っ腹で、自由で、独創的で、面倒見が良い、
そんな木本頼子先生のお人柄が反映して、
のべ49名のファッションモデルさん(自作自演)の装いは
どこにも売っていない、珍しくて、ステキで、お洒落な
世界に一つだけのお洋服ばかりでした。

私は 第1回から毎年 BGMの生演奏を担当させていただいています。
きょうは、クラシック音楽のジャズアレンジを中心に、49曲。
モデルさんが入場された瞬間、
「おっ、ナイスなお洋服ですね、ではこの曲を」
と、5秒で似合いそうな曲を決めて即興演奏するスリル、楽しんでいます。

あまり気張らずに、さらりと弾くように心掛けて
おおむね、出演者の皆様に喜んでいただいでいるように思いますが、
ときには失敗も。

愛する奥様のためにスーツを作られたM氏。
ご夫妻で腕を組んで登場されたとき、
「こりゃ『人を恋うる歌』だな」と思って、そう弾いたつもりだったんだけど、
ふと気が付くと、指が違う曲を弾いていて…。
「あ、これは『黒の舟唄』だ~!」
気づいたときは遅し。

「人を恋うる歌」は、与謝野鉄幹の ♪妻をめとらば才たけて~
「黒の舟唄」は、加藤登紀子さんの ♪男と女の間には暗くて深い川がある~

いずれも、メロディーの雰囲気とリズムが似ているのだけれど、
歌詞は全然違うのですね…。
Mさん、大変失礼しました! (昨年の失敗談です)


スポンサーサイト



Secret