FC2ブログ
きょうは日曜日でした。
礼拝のあと、聖歌隊で フォーレの「主は死につながれ」を練習しました。
原曲は「パヴァーヌ」ですが、
主イエス・キリストの十字架の死をテーマにした歌詞を重ねて、讃美歌として歌っています。

週を追うごとに 少しずつ進歩していて、
だんだん いい感じになってきて、
本当にうれしいです。

伴奏のPさんは、
原曲のオーケストラのように、豊かな音の重なりをピアノでしっかり弾いてくださいました。
ソリストのQさんRさんも、難しい中間部を繰り返し練習してくださいました。
そして、何といっても、全員のユニゾン唱が素晴らしい。

たった1小節の前奏のあと、いきなり始まる 力強いユニゾン
 ♪主は死につながれ 我が罪を解き
  主はよみがえりて いのちをたもう
の部分で、指揮をしていた私は、思わずニヤッと笑ってしまいました。

笑うような内容の歌詞ではないのに。不謹慎な。
…と、一瞬 思いましたが、いえ、でも、やはり、うれしかったのです。
あんまり うれしくて、おもわず、笑ってしまったのでした。

短調のメロディー。キリストの受難を物語る 重い歌詞。
けれど、それは、力強い喜びの歌でした。
歌詞を味わえば味わうほど、
そこには希望があり、喜びがあり、神様への感謝があるのでした。

9月23日の礼拝の中で賛美するために、
あと2週間、教会でも、それぞれの家庭でも、しっかり練習したいと思います。
心から神様に感謝して、あふれる想いで、誠実に賛美ができますように。


スポンサーサイト



Secret