FC2ブログ
2012.08.02 Cancel That!
Dさん(小1)のレッスンで、
きょうは バスティンのテキストの「ナチュラルあそび」という曲を練習しました。

たった8小節のメロディーの中に、
これでもか これでもか というぐらい 臨時記号の#や♭が出てきて、
その数と同じだけ、ナチュラルも出てきます。

ナチュラルという記号に慣れるための練習曲ですが、
臨時記号が多いということは、メロディーも伴奏も単純じゃなくて、
その分、おもしろいということです。

「なんかヘンテコだね」
「でも、たのしいね」
「笑いたくなるね」
「なんだか ズッコケたみたいな音ね」

もともとの英語のタイトルを見てみると、「Cancel That!」と書かれていました。
なるほど!

黒鍵のことを‘黒ちゃん’、白鍵のことを‘白ちゃん’と呼び慣れていた私は、
幼い生徒さんが この種の練習曲を弾いているときには
「黒ちゃん、がんばれ!」とか「白ちゃん、がんばれ!」とか
横から声援を送るのが常でしたが、
今後はナチュラルが出てきたら、
「キャンセル!」と叫んだほうがカッコいいかも?


スポンサーサイト



Secret