FC2ブログ
Rさん(小1)のレッスンで、
左手の人差し指と親指が 平仮名の‘つ’の鏡文字の形になるという話を
以前に書きました。(2012.07.02.)

難しい指づかいの部分も、‘つ’と思った途端にカンタンに弾けるようになったRさんは、
その後も、いろいろな曲で、
「あ、また、ここも‘つ’になってる!」とか、
「ここんとこは、‘つ’の鏡文字!」とか、
しょっちゅう、その指の形にこだわっていて、見つけるたびにうれしそうです。

きょうは、ブルクミュラー教本の5曲目「無邪気」を練習していた時、
2段目4小節目の右手、♪ラソ ラソ ミレド の部分の臨時記号付きの音がカッコよかったので、
私が先回りをして、「その♪ラソラソのところ、いい音ね。2回‘つ’の形が出てきたね」
と話しかけると、
「え? ちがうよ。‘J’だよ」と言われてしまいました。

なるほど。
左隣からRさんの人差し指と親指を覗き込んでいた私には、‘つ’に見えたのですが、
Rさんにとっては、目の前の2本の指は、まさに‘J’でした。

その部分、ラの音がフラットになったりナチュラルになったり、おもしろいところですが、
指番号がどうのこうの、臨時記号がどうのこうの、と説明すると長ったらしくなるけれど、
‘J’の一言だけで魔法のように弾けちゃって、音も楽しいし、
きょうも、Rさんと私、アハハハハハ!と、そこになるたびに笑いがこみあげてきました。

無邪気で屈託のないRさんの発想のおかげで、
ピアノって楽しいよね、と再発見する私です。


スポンサーサイト



Secret