FC2ブログ
きょうは日曜日。

礼拝では、「外なる人は滅びても、内なる人は新しくされて…老いと死」と題して、
牧師先生から説教をお聞きしました。

「だから、わたしたちは落胆しない。
 たといわたしたちの外なる人は滅びても、
 内なる人は、日ごとに新しくされていく」(コリント人への第2の手紙4:16)。

続けて 礼拝後に、「高齢者支援セミナー」が開催されました。

新しい介護保険制度、認知症対策、終末期医療などのテーマで、
発題者の方々から よく準備された わかりやすいお話をお聞きし、勉強になりました。

神様がいつも共にいてくださるので、
老いの坂も、ぼちぼち、安心してのぼっていきたいと思いました。


   主の とうとき みことばは
   わがいのちの もといなり。
   たよるわれは 安けしや、
   世にまたなき みことばよ。

   「ただ我のみ 汝が神ぞ、
   おそれず行け、ためらわで。
   ちからつよき わがかいな、
   なれにそいて はなれじな。

   なやみの火は 燃えあがり、
   なげきの河 あふるとも、
   めぐみの手に すがりなば、
   つねに勝ちて あまりあらん。

   老いの坂を のぼりゆき、
   かしらの雪 つもるとも、
   かわらぬ わが愛に おり、
   やすけくあれ、わが民よ」

                 (日本基督教団出版局『讃美歌』284番)


スポンサーサイト



Secret