FC2ブログ
2012.07.05 かるた大会
新しい生徒さんが来られました。
Sさん(4歳)です。
おかあさまと おにいちゃん(小2)が見守る中、第1回レッスン。

「みつばちマーチ」のプリント楽譜。
歌詞でうたったり、ドレミで歌ったり、
私 Sさん 私 Sさん、伝言ゲームのようにリピートしながら、1小節ずつ右手で弾いたり。

きょうが初めてだというのに、5回くりかえしただけで、もうじょうずに弾けていました。
はい、プリンセス(ディズニーのキャラクター)の合格シールを貼りましょう。

ピカピカの新しいテキストもうれしいです。
1曲目は「行進しよう」というタイトルの かわいい歌です。
♪ドレミファソッソッ ソファミレドッ
右手で弾いたり、左手で弾いたり。
高い音になったり、低い音になったりして、それだけで楽しいです。

ミッキーマウスの絵のついたワークブックもうれしいです。
階段をのぼっていくみたいな音符の階段の絵の下に、
ど れ み ふぁ そ、と 平仮名を書きました。

「さあ、今から、かるた大会です♪」
突然の宣言に、あとの3人は驚いたかも。
‘大会’は、ちょっと 言い過ぎかも知れませんが、
気分は、ほんとに かるた大会! ビッグイベントのノリです。
ど・れ・み・ふぁ・そ・ら・し・ど の8枚のおんぷカードを その場で作って、
音符の名前をおぼえるゲームです。

「まず、白いカードに 五線を書きます」
「お歌が始まるよ!のマークは、ト音記号です」
「いちばんはじめは‘ど’です。土星みたいでしょ」
などなど、ずっと おしゃべりしながら、絵かき歌のようにして、カードを作成します。
1枚書きあがるたびに、かるた大会です。

まず、‘ど’のカードができました。
私「‘ど’は、どれですか~~~?」 (←ずっとドの高さで、一本調子で読み上げます)
Sさん「は~い!」
私「あったり~!」

続いて、‘れ’のカードができました。
私「‘れ’は、どっちですか~~~?」 (←ずっとレの高さで、一本調子で読み上げます)
Sさん「は~い!」
私「あったり~!」

保護者席のおにいちゃんも、
「ぼくも、ぼくも!」と 身を乗り出して、特別参加です。
はじめの4枚までは、カンタンだったけど、
5枚6枚と増えてくると、いよいよ、ややこしくなってきました。

「‘ら’は、どれですか~~~~~~~?」 (ずっとラの高さで。見つかるまでロングトーン)
「え~っと、え~っと、‘ら’はすきま? 線のとこ?」
「‘ら’は、すきまに挟まってますよ~~~」 (ずっとラの高さのままで)
「ほんなら、これや! は~い!」
「あったり~!」

「‘し’は、どれですか~~~~~~~?」 (ずっとシの高さで。見つかるまでロングトーン)
「え~っと、え~っと、‘し’はすきま? 線のとこ?」
「‘し’は、ど真ん中の線のとこですよ~~~」 (ずっとシの高さのままで)
「ほんなら、これや! は~い!」
「あったり~!」

「高いほうの‘ど’は、どれですか~~~~~~~?」 (ずっと高いドの高さで。ちょっと悲鳴っぽい)
「え~っと、え~っと、すきま? 線のとこ?」
「高いほうの‘ど’は、すきまですよ~~
 いちばん背が高いですよ~~~」 (ずっと高いドの高さのままで)
「ほんなら、これや! は~い!」
「あったり~!」

あっというまに覚えられましたね。
すぐ覚えて、すぐ忘れて、またすぐ覚えて、またすぐ忘れて、
そうやって、1週間ぐらい、毎日かるた大会をしたら、
もう忘れません。カンペキに覚えられますよ。
また来週もしようね!

新しい生徒さんが来られるたびに、このかるた大会をします。
いちばん楽しんでるのは私かも?


スポンサーサイト



Secret