FC2ブログ
2012.06.18 Put your hands up
Nさん(高1)のレッスンバッグから、突然 「Put your hands up」の楽譜が出てきました。
坂本龍一さんの 1999年のマキシシングル『ウラBTTB』の中の1曲です。

思えば、13年前、私はそのCDが大好きでした。
収録曲は3曲。
リゲインのCM曲として使われた「energy flow」、
同名映画の主題歌のpiano version 「鉄道員(ぽっぽや)」、
そして、‘筑紫哲也 NEWS23’のテーマ曲が、この 「Put your hands up」でした。

その楽譜を、私が何年前に、どういうタイミングで彼に渡したのか、
今となっては思い出せないのですが、
とっても、きれいに弾いてくれました。
弱い音を柔らかく弾くのが得意なNさんに、ぴったりの曲でした。

「この曲が作られた背景、知ってる?」と私。
報道番組のテーマ曲だったのよ、と知らせたかったのですが、
彼の返答は、思いがけず、
「たしか 筑紫哲也さんへのレクイエムとして作られたんじゃなかったですか?」

そういえば、坂本龍一さんは、筑紫さんが亡くなられたあとのコンサートで、
心をこめて、この曲を弾いておられました。

もともと、優しく、柔らかな音楽でしたが、
レクイエムとして弾かれたその演奏は、
さらに深く、真実で、あたたかく、魂に触れる音楽となっていました。

「音楽に完成ってないよね。
 もっともっと、弾きたいね。
 もっともっと、思いをこめて弾いたら、
 もっともっと、何か 新しいメッセージのこもった音楽になりそうね」

Nさん、さらに弾きこんで、また来週も聴かせてください。
楽しみです。


スポンサーサイト



Secret