FC2ブログ
2012.02.27 Time to say goodbye
レッスン生のCさん(小3)、きょうの練習曲は、
  バロックの 「March」(クラーク作曲)
  ロマン派の 「Progress」(ブルクミュラー作曲)
  ポピュラーの 「Time to say goodbye」(サルトーリ作曲)
の3曲でした。

いろんなジャンルの音楽に親しめるのが 「ゆかいな鍵盤屋 ピアノ教室」のいいところ。 (自慢♪)

「March」は、
最後のしあげに、KORGのバロック金管合奏の音色で、弾いてもらいました。
17世紀のトランペット群のような音がして、広がり・奥行きが感じられる 落ち着いた演奏でした。

「Progress」は、
10度音程の上昇形スケールの繰り返しが まさしく進歩を表しているように、
ぐんぐん 勢いよく弾けていました。

「Time to say goodbye」は、
最初、私が その曲の題名を口にして 「知ってる?」と尋ねると、「知りません。」と キョトン顔。
ところが、私がデモ演奏すると、
「あ、それ、知ってます! ママがよく聴いてます! 弾きたいです!」と イキイキ顔。

サラ・ブライトマンとアンドレア・ボチェッリの2重唱のCDを聴きながら、
中級レベルにピアノ編曲しました。

生徒さんのレベルに合った編曲譜でレッスンできるのが「ゆかいな鍵盤屋 ピアノ教室」のいいところ。
                                               (またまた 自慢♪)

‘ズン タカタ タッタッ’ のボレロ風リズムの左手伴奏に乗せて、
右手は伸びやかに 希望あふれるメロディーを奏でてくれました。


              Time to say goodbye

  
   あの海のかなたに輝く永遠の光 それはあなたそのもの 燃える愛 二人の想いはひとつ
   夜も昼も 星も日の光も失せた 暗く冷たいこの部屋に 別れを告げ

      Time to say goodbye 新しい世界へ あなたと二人で旅に出るの
      いつも いついつまでも 寄り添い 抱きあい あなたと二人で 夢追いかけ

   あの海のかなたに輝く永遠の光 それは喜びの君の まばゆき姿
   手と手 つないで どこまでもゆこう

      Time to say goodbye 新しい世界へ 君と僕の夢 はぐくみつつ
      いつも いついつまでも 寄り添い 抱きあい 悩み悲しみも 共に乗り越え

   今 船出のとき いざ漕ぎだそう
   愛するあなたと 愛する君と 希望のせて 永遠に

                                      (訳詞:ゆかいな鍵盤屋)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kembanya.blog.fc2.com/tb.php/10-9c0aa121